性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

ストレスとED

水着女子

仕事の悩みや心配事などのストレスによって、男性機能がうまく働かなくなるのはよくあることです。

 

そのストレスを軽減させることによって、EDが治る場合も確かにあります。

 

この場合、ストレスが心に作用し、それによって勃起しにくくなっているのではなく、ストレスが器質、つまり体に作用しているから勃起しにくくなっているのです。

 

ここでキーワードとなるのが交感神経です。

 

交感神経の活性化もまた、EDの大きな原因のひとつなのです。

 

交感神経はストレスに反応し、持続的な興奮や緊張をもたらします。

 

勃起するのに必要なのは、興奮や緊張ではなく、実はリラックスした状態であり、交感神経が活発に働いていると、勃起しにくくなるのです。

 

これがストレスEDの因果関係です。

 

EDの原因となるストレスはもう一つあります。

 

酸化ストレスです。

 

こちらは、メタボリック症候群とEDで紹介します。