性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

セックスレスとED

水着女子

日常的に性交渉を殆どしない生活を送っている人は、勃起する必要もないので、EDであろうがなかろうが関係ない・・・そう考えている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、EDとは、単に勃起しにくいというだけの病気ではなく、血管の異常に原因がある生活習慣病です。

 

EDを患っているということは、脳梗塞や心筋梗塞などの、より重度の生活習慣病にかかる可能性があります。

 

ですから、セックスレスだからEDは放置しておいてもいい、と考えるのは、大変危険なのです。

 

また、逆にセックスレスの原因が、実はEDにあるという可能性もあります。

 

なかなか勃起せず性交渉が不首尾に終わってしまうことが続くと、妻や恋人との関係も気まずくなり、結果的にセックスレスとなってしまうことは大いにありうることでしょう。

 

その結果でも、EDは是非治療すべきなのです。