性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

心筋梗塞、脳梗塞とEDの関係

水着女子

急性心筋梗塞を引き起こす心臓の動脈の太さは3〜4mm、脳卒中を引き起こす脳の動脈の太さは5〜7mmです。

 

それに対し、ペニスの動脈はわずか1〜2mm程度しかありません。

 

したがって、動脈硬化の症状は、最初に最も細くデリケートなペニスの血管の変調、つまりEDとしてあらわれるのです。

 

これが、EDが最もかかりやすい生活習慣病である理由です。

 

ここから、次のような法則を導くことができます。

 

すなわち、脳卒中や心筋梗塞を患った人は、全員がEDである。

 

これは実は極めて重要な法則です。

 

なぜなら、逆に、EDに早い段階で気づいて、治療しておけば、脳卒中や心筋梗塞を予防することができるからです。

 

つまり、EDは、単に勃起しにくい病気というだけではなく、男性の体の変化を教えてくれるシグナルでもあるのです。