性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

ED治療はがん予防にもつながる?

水着女子

ED治療を継続的に行えば、一酸化窒素の働きが正常になり、酸化ストレスが減少します。

 

酸化ストレスの減少は、実はがんの予防にもなります。

 

というのも、がんとはDNAが破壊されることによって起こる病気であり、DNAを攻撃するのは活性酸素だからです。

 

酸化ストレスが低い状態、すなわち活性酸素が少ない状態においては、DNAが損傷されることも少なくなり、したがってがんになる確率も低くなるというわけです。

 

その意味で、ED治療にはがん予防の効果がある可能性があるといえます。

 

なぜ可能性としかいえないかというと、論理的に証明できても、それを実証する十分なデータがまだないからです。

 

しかし、今後、ED治療がより一般的なものとなり、事例が沢山集まれば、おそらくED治療とがん予防の関係に大きな注目が集まることになるでしょう。