性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

EDは生活習慣病

水着女子

EDとは端的にいえば、男性が最もかかりやすい生活習慣病です。

 

ED患者は、現在日本に約130万人いて、40代男性の20%50代男性の40%60代男性の60%EDであると推測されています。

 

生活習慣病というと、糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、脳梗塞、心筋梗塞、うつ病などが代表的なものとして挙げられますが、これらの病気はすべて、体内の一酸化窒素が減少し、動脈が硬化することにより起こります。

 

心臓の周辺の動脈が硬化すれば心筋梗塞となり、脳の動脈が硬化すれば脳梗塞となります。

 

同様に、ペニスの動脈が硬化することによって起こる病気がEDなのです。

 

EDが最もかかりやすい生活習慣病なのは、ペニスの血管が心臓や脳と比べて非常に細くてデリケートだからです。

 

一酸化窒素の減少による血管の不調は、最初にペニスにあらわれてきます。

 

それがEDなのです。