性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

ED治療を進歩させた一酸化窒素

水着女子

血管を拡張させ、血流をよくし、血管の健康を保つのが一酸化窒素の重要な役割です。

 

一酸化窒素が減少することで血管の機能が損なわれ、生活習慣病やEDになるわけです。

 

しかし、この一酸化窒素が発見されたのは、実はほんの十数年前のことでした。

 

それまで、血管を拡張させる物質があるということはなんとなく知られていました。

 

しかし、その物質が何であるかは究明されていなかったのです。

 

1998年に、ムラド、ファーチゴット、イグナロの3人の学者が一酸化窒素の存在と役割を明らかにし、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

 

一酸化窒素の存在が明らかになることによって、ED治療は大きく前進することになりました。

 

EDを治すには一酸化窒素を増やせばいい、ということがわかったからです。

 

現在のED治療薬の基本的な目的は、一酸化窒素の働きを正常化することです。