性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

男性ホルモン減少がEDに

水着女子

勃起の機能を大きく作用する物質に、もうひとつテストステロンがあります。

 

これは、一般に男性ホルモンと呼ばれているものです。

 

男性ホルモンには、筋肉を増強する作用や、精神活動を活発にする作用がありますが、一酸化窒素を供給して血管の健康を保つのも、男性ホルモンの重要な役割です。

 

したがって、男性ホルモンが減ると、EDになりやすくなるのです。

 

男性ホルモンは、一般に加齢とともに減少していきます。

 

また、ストレスが多くなると、脳から指令が出て、男性ホルモンの分泌が減ってしまうことも知られています。

 

男性ホルモンが少なくなると、EDになりやすいだけではなく、不安、いらいら、不眠、集中力や記憶力の低下、性欲の減少、筋力低下、疲労感、頻尿といった諸症状をもたらします。

 

最近では、ED治療の際に、ED治療薬男性ホルモンの投与を合せて行うケースも増えています。