性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

酸化ストレスが高まるとEDに

水着女子

生物が生きるために酸素は不可欠な物質です。

 

しかし、酸素は常に生命体に友好的に作用するわけではありません。

 

生物は一般に、体重あたりの酸素消費量が多いほど、寿命が短くなります。

 

ネズミの寿命が短く像の寿命が長いのは、この法則によるものです。

 

これは酸素の中でも、とりわけ活性酸素と呼ばれる物質が、生命体のDNAやミトコンドリアを傷つけるためです。

 

活性酸素は、血管や神経の細胞にも傷害を与えます。

 

活性酸素によって傷つけられた血管は、十分な一酸化窒素を分泌することができなくなります。

 

これが多くの生活習慣病やEDの原因です。

 

通常、活性酸素は抗酸化物質によって消去されますが、活性酸素の量が多くなると消去されない活性酸素が体内に残ります。

 

この状態を酸化ストレスと呼びます。

 

酸化ストレスが高ければ、それだけ生活習慣病になりやすく、EDにもなりやすいのです。