性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

EDと加齢臭

水着女子

ある程度の年齢になると、人間は加齢臭と呼ばれる独特の匂いを発するようになります。

 

この加齢臭の原因は、実はEDと同じく、酸化ストレスです。

 

酸化ストレスが高まり、活性酸素が多くなると、体内の脂肪分が酸化され、ノネナールという物質に変化します。

 

このノネナールが加齢臭を引き起こすのです。

 

酸化ストレスが高まるほどノネナールの産生量は増えますから、それだけ加齢臭はきつくなることになります。

 

したがって、加齢臭がきつければきついほど酸化ストレスが高く、その酸化ストレスEDを引き起こしている可能性が高いということになるわけです。

 

加齢臭が発生するのは40歳くらいからで、そのにおいは、古本、チーズ、干していない布団、カビ、ロウソクなどに例えられます。

 

もし、自分で自分の加齢臭がきついと思ったら、EDである可能性を疑ってみるのがいいでしょう。