性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

日本は世界一セックスレス

水着女子

コンドームメーカーのデュレックス社の2007年度の調査によれば、日本人の平均的な性交渉の回数は年間48回で、これは調査を実施した26カ国中最低の数字です。

 

ちなみに最も多いのはギリシャの164回

 

これは、日本がそれだけストレスフルな社会であることを意味します。

 

外部からのストレスによって交感神経が活性化することは、EDの要因のひとつとなりますが、交感神経が活発に働いていると、そもそもセックスをしたい、という欲求が起こりにくくなります。

 

交感神経が活性化しているということは、緊張状態が持続しているということです。

 

そういう状態では、セックスに限らず、おいしいものを食べようとか、映画を観に行こうとか、友達と交流を深めようといった気持ちが湧きにくくなるのです。

 

ストレスは、性生活のみならず、人生の悦び全般を阻害するということを知っておいてください。