性行為の満足度が低い場合は全てEDだと考えられるのです

男らしさ

水着女子

男らしさというとどういうことを想像しますか?

 

元気がある、積極的、潔い、ハツラツとしている、あるいは冷静沈着、がまん強い、集中力などという言葉も浮かんできます。

 

私たち男性はみな、思春期を経て、男性であることを心と体の両面で実感してきました。

 

男性が男性であることを誇れること、これはまさしく健康の要です。

 

男性であることのひとつの象徴に勃起があります。

 

生物は進化してなぜ勃起という現象に到達したのか、そのメカニズムは精巧で複雑です。

 

この勃起は生物としてヒト、そして社会的な存在としての人間にとって大事な男性機能ですが、残念ながら徐々にその勢いは減衰します。

 

これまでは勃起の勢いが弱まっていくこと(ED)は、加齢による必然として、あるいは老化現象としてやむを得ないと半ば諦められてきました。

 

とはいえ、人類の長い歴史の中でも常に大きな関心ごとでしたし、また、様々な薬が、勃起を維持する効用を求めて試されてきました。

 

サイエンスの進歩は、この問題を見事に解決しました。

 

一酸化窒素という分子が勃起をはじめ、私たちの体の機能に深く関与していることが発見され、そして一酸化窒素の働く道筋からPDE5阻害薬というED治療にすばらしい効果がある画期的な治療薬が開発されました。

 

男性は、もう一度青春を回復することができるようになったのです。

 

さらに最近の研究から、EDは男性なればこそ自覚できる最初の生活習慣病であり、EDを恐れず、目を背けず治療していくことが、将来にわたっての健康管理に役立つことも分かってきました。

 

それらの最新研究の成果を、わかりやすく皆様にお伝えします。